失敗したくない建売住宅の購入!建売住宅の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

近年はマイホームを購入する際には、一から全てを決めなければならない注文住宅ではなくある程度ハウスメーカーが企画したものに乗っ取った建売住宅が増えています。
こちらの方が注文住宅よりも値段が安いので、間取りや立地条件が合うならば非常にお買い得な商品です。
しかしそうは言っても一生で一番高い買い物であるマイホームを購入する際には、誰しもが失敗したくないと思っているはずです。
そのためにも基本的な知識を身に付けましょう。

失敗したくない建売住宅の購入!建売住宅の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

建売住宅の基礎知識としてはハウスメーカーが、過去の販売実績を元にしてある程度人気のある間取りを選んで建てています。
また注文住宅ほどではありませんが、建築し始める前に購入する事が決まっていれば、ある程度ならば融通を利かせて建てたい家にすることも可能です。
このように建売住宅には、多くの長所が存在しています。
ですからこれから家を購入しようとしている方は、ぜひ選択肢に建売住宅も検討することをおすすめ致します。

一般的な建売住宅の購入の流れを見ていこう

新築の建売住宅を購入する場合ほとんどが土地込みでの価格となり、時期によっては建てている段階の家の見学もすることが出来ます。
実際に生活をするイメージが湧きやすく、高い買い物である家探しで後悔しない人には向いている家の建て方と言えます。
一般的な建売住宅の購入の流れとして、まずは希望する地域や間取りや外観などを参考に物件探しを行います。
希望する物件にたどり着いた場合には、販売を行っている住宅メーカーに相談をして物件の申込みを行います。
それから実際の売買契約に進み手付金として、価格の5%から10%の金額を支払うのが一般的です。
住宅ローンを利用したいという人は、この契約と同時に住宅ローン審査の申込みをして融資の承認を得ます。
承認を得たら家が完成したのち、最終的な不備がないかチェックを行い物件を所有権の移転登記を行い引き渡しという流れとなります。
家は一生の内で何度も買うようなものではなく、申請や手続きなど分からないことも多くあります。
しかしほとんどの申請や手続きは住宅メーカーが主導して行ってくれるので、よく相談出来る長く付き合える会社を見つけることをおすすめします。

そもそも建売住宅ってどんな住宅なの?

建売住宅は、土地と建物がセットになって販売されている住宅であり、基本的に間取りやデザイン・仕様といった設計がすべて予め決められた上で建築が始められるのが特徴です。
注文住宅というと建物の建築に加えて土地探しも必要となりますが、この手間がかからないのが建売の魅力です。
基本、住宅が完成している状態で販売されていることが多いですが、時に建築仕様が決定した段階で販売されるケースもあります。
設計などをする必要がありませんので、打ち合わせの回数もその分少なくすることができるため、なかなか打ち合わせの時間が持てない忙しい方も手に入れやすいと言えるでしょう。
注文住宅のように土地を購入して建物とは別に請負契約を締結するなどといった手間も省けるので、スムーズに購入することができるでしょう。
物件探しから購入、引き渡しまでの時間も短いのも特徴で、早くて1か月~3か月ほどで入居できるという点も魅力の一つだと言えます。

建売住宅と注文住宅はここが違う!

建売住宅とは一般的に建物と土地がセットで売られている住宅のことで、建物は購入者が決定する前に設計され建てられます。
建物が建てられる様子を見ながら購入する人が買うか決めるというのが、基本的な販売方法です。
建売住宅は購入者の意向は入らないというのが、基本的な考え方になります。
メリットは購入する人の意向が入らない分、建築費が安く済む点です。
注文住宅は、すでに持っている土地や購入した土地に自由に設計して建てる住宅のことです。
購入する人が建てる家のすべてを決めるフルオーダーのほかに基本的な間取りや設備、仕様が決まっているセミオーダーもあります。
セミオーダーでは間取りがいくつかのパターンが用意されていたり、決められたメーカーのキッチンやトイレなどのいくつかのシリーズの中から選んだりします。
選べる範囲は建設会社によって異なるため、建設会社選びも重要です。
建売住宅と注文住宅の違いは、購入する建物自体に購入者の意向が入るか入らないかになります。

建売住宅はいつの時代に始まったの?

今や色々な建売住宅があり、エリアを選んでいきながら最終的には自分達で決めていきましょう。
建売はすでに出来上がっていますから引っ越しするだけで簡単です。
エリアや造りにこだわりがなければ建売がいいのです。
また価格もやや安くなっていますので、経済的な観点から人気がある1つでもあります。
建売はもともと戦後からある歴史あるものです。
その例が行政が管轄する集合住宅です。
この例を見ていくと誰もが納得するかもしれません。
歴史は案外古いのでありますから展示場へ足を運ぶと、それらの資料を目にすることができます。
家づくりに欠かすことができないのが、モチベーションアップになります。
経済的負担を強いられるとどうしても士気が下がってしまうからです。
モチベーションアップすることで士気が上がり、宅地への考え方が生まれてきます。
工夫を凝らしたものが次から次へと生まれてきますから、モチベーションアップすることの大切さを知ってほしいのです。

建売に関する情報サイト
建売住宅に住もう

近年はマイホームを購入する際には、一から全てを決めなければならない注文住宅ではなくある程度ハウスメーカーが企画したものに乗っ取った建売住宅が増えています。こちらの方が注文住宅よりも値段が安いので、間取りや立地条件が合うならば非常にお買い得な商品です。しかしそうは言っても一生で一番高い買い物であるマイホームを購入する際には、誰しもが失敗したくないと思っているはずです。そのためにも基本的な知識を身に付けましょう。

Search