建売住宅にはデメリットもあるので注意

建売住宅にはデメリットもあるので注意

建売住宅は、土地付きで安く購入できるなどメリットもありますが一方でデメリットもいくつかあります。
やはり予め間取りやデザインが規定のものに決められているため、理想の間取りの家を手に入れることはできません。
例えばキッチンのメーカーや形状を変えたい、フローリングの素材を変えたいと言っても変えることはできませんので仕様などにこだわりたい方にはデメリットとなるでしょう。
また、建売住宅は同じようなデザインで建てられていることが多く似たような物件が多いです。
見ただけでどのハウスメーカーの建売住宅かがわかるといったことも多いです。
つまり個性のあるマイホームを手に入れたいという方には不向きで、無難な外観の住宅になりますので周囲と差をつけてこだわりの家を作ることはできません。
土壌が元々どのような土壌だったのかを把握することができませんので土地が軟弱な場合は、それなりに土壌を強くする工事を行う必要がありますが、実際にすでに建てられた建売だとメーカーによっては情報として開示していないこともありますので不安になることもあるでしょう。

建売住宅の間取りをチェックする時のポイント

建売住宅では間取りがすでに決められていますので、たとえ施工前であっても変更はできません。
ですから、選ぶ時にはそれぞれが快適に暮らせるような造りになっているのかを慎重にチェックする必要があります。
いくつかのポイントがありますが、建売住宅では窓の位置がとても重要になり、どこに位置するかで日の入り方や風通りが変わります。
風通しの良い家は気持ちが良いですし、湿気によるカビも生えにくくなりますので、重点的に見ておきたい部分です。
階段も大事なポイントになり、場所や勾配は忘れずに確認しておきたいところです。
子どもやシニアのいるご家庭では、安全に上り下りできるような造りになっているかが気になります。
収納スペースに関しては、足りないと部屋に出しっぱなしになってしまいますので、できるだけ多くのスペースを確保することを考えなければならず、各部屋に必要な収納スペースが用意されているかが見ておきたいポイントになります。

建売に関する情報サイト
建売住宅に住もう

近年はマイホームを購入する際には、一から全てを決めなければならない注文住宅ではなくある程度ハウスメーカーが企画したものに乗っ取った建売住宅が増えています。こちらの方が注文住宅よりも値段が安いので、間取りや立地条件が合うならば非常にお買い得な商品です。しかしそうは言っても一生で一番高い買い物であるマイホームを購入する際には、誰しもが失敗したくないと思っているはずです。そのためにも基本的な知識を身に付けましょう。

Search